関西 京都バス研修②

京都の観光地は贅沢でバラエティに富んでいます。京都研修②では、平安神宮、二条城、金閣寺、龍安寺を訪問しますが、それぞれの観光地の特性をよく理解して古都京都の魅力をどのように外国人に伝えるかを学びます。

日時

2017年 8:45~18:00

関西Cコース:3月10日(金)、3月12日(日)

関西Dコース:6月2日(金)、6月4日(日)

集合場所

JR新大阪駅・南側観光バス駐車場

(ページ下部に地図があります)


研修ポイント

平安神宮、二条城、金閣寺、龍安寺

平安神宮

1895年、平安遷都千百年を記念して桓武天皇を祭神として造営。応天門,大極殿、蒼龍楼、白虎楼は平安京の正庁朝堂院にあった建物を約8分の5に縮小復元したものです。国指定の名勝である神苑は敷地約一万坪の池泉回遊式庭園です。
「 日本の心は京都にあり」との京都人の願いが込められて建てられたこの平安神宮を外国人にも理解して貰えるよう説明したいものです。

二条城

二条城は、徳川家が京の宿兼儀礼の場として建設した平城で、家康と豊臣秀頼との会見場所となったほか、幕末の慶応3年(1867年)には15代将軍慶喜がここで大政奉還を決意したことで有名で、京都ツアーの定番スポットの一つです。御殿建築としての日本で唯一現存する二の丸御殿は、襖絵・欄間・釘かくし・建物・庭等17世紀初頭の職人芸の粋が楽しめる場所です。これらを外国人に適切に説明し、日本文化を堪能していただくことが必要でガイドの力量が問われます。また、観光客で混雑していることが多く、旅程管理の面からも難しいところです。百戦錬磨の講師、山口和加子副理事長から学びます。

金閣寺

外国人からも“Golden Pavilion”として馴染みの寺院。古都京都の文化財としてユネスコ世界遺産に登録され、清水寺と共に京都ツアーの最もシンボル的なスポットです。最高の権力が作った最高の美を鑑賞できます。苑内の狭い通路は、混雑していることが多く、この混雑の中で、必須の解説をどのタイミングでどこのポイントで話すか、そのあたりのコツを学びます。

龍安寺

世界的に名の知れた石庭は哲学者サルトルやエリザベス女王が訪れて絶賛したことで世界的な“Zen Garden”として有名になりました。白砂の上に15個の自然石が配された禅の精神が凝縮された枯山水庭園です。ここでは、外国人観光客に、抽象絵画のような庭を見て、禅の精神から生まれた「間」の精神を説明できるよう講師から学び取っていただきます。


アクセスマップ